トップページへ
サイトマップ お問い合わせ
トップページ
このサイトについて
冤罪事件データベース
誤判研究レポート
冤罪被害の回復策
雪冤活動
お問い合わせ
関連リンク
九州再審弁護団連絡会
連絡会について
各弁護団活動報告
再審研究レポート

> トップページ
冤罪事件データベース
<<一覧へ戻る
事件名 貝塚ビニールハウス殺人事件 状態 確定無罪
事件名(よみ) かいづかびにーるはうすさつじんじけん 事件発生日 1979/1/21
罪名 強姦・殺人・窃盗
事件地都道府県 大阪府 事件地名 貝塚市
事件概要
 本件は,1979年1月21日の夜,大阪府貝塚市のビニールハウス内で被害者が強姦され殺害された事件(貝塚ビニールハウス〇件を参照)である。

 5人の被告人が逮捕,起訴され,1審判決に対し4人が控訴したが,本件被告人は控訴せず,懲役10年を言い渡した1審判決が確定したが,4人の控訴審は4人全員に無罪を言い渡し確定したため,本件被告人も再審請求に至った。

 再審では,被告人と犯行を結びつける証拠は,被害者の夫および捜査官に対する被告人の自白と,共犯とされた者らの捜査官への自白だけであり,物的証拠は存在せず,被告人の各自白は任意性に疑いがあり,信用性もない,共犯者らの自白も到底信用できるものではないとして,被告人の犯人性を認めるべき証拠は皆無であるとして,無罪を言い渡した(確定)。

 本件被告人が1人控訴せず判決が確定したため,再審開始にあたり,要件たる無罪証拠の新規性があるかが問題となったが,他4名の無罪判決があることのみでは新規性を認められないが,血液型鑑定等がこれにあたるとして,再審開始決定にいたったものである。
 もし,前訴1審と2審で証拠が共通し,評価のみ別れていたら,再審開始に至っていなかったおそれがあり,本件被告人のみ数年間服役したことを含め,この点いかに評価すべきであろうか。

判決日
1989/3/2
判決裁判所
大阪地方裁判所堺支部
書誌
判例時報1340号146頁
1審
懲役10年
2審
最高裁
差戻し等
再審
無罪
自白/否認
捜査段階で自白あり
備考
<<一覧へ戻る
著作権・免責事項プライバシー・ポリシー ▲このページのトップへ
copyright(c) 雪冤プロジェクト All Rights Reserved.